江ノ島岩屋

長い歳月を経て

波の侵食で出来た岩屋

画像


画像


第一岩屋の内部にはここから入ります

画像


画像


薄暗く幻想的な光景が広がります

画像


画像


画像


画像


古くから信仰の対象にもされて

画像


画像


弘法大師が訪れた際には

画像


弁財天がその姿を現したと言い伝えられています

画像




第二岩屋には

江ノ島生まれの「天女と五頭竜伝説」が紹介されています

画像




昔々、腰越のあたりに大きな湖があり

そこには、五つの頭を持った暴れ者の龍が住んでいて村人を苦しめてた

画像


村人はこの龍を鎮めようとしたが、龍の乱暴はますますひどくなるばかり

画像


欽明13年(552年)、激しい天地振動が突然に起こり

画像


空には美しい天女が

画像


海には島が現れた

画像



龍は天女に一目惚れし、結婚を申し込んだ

画像


天女はこれからは人々を助ける龍になるならば結婚を受け入れるという

龍は改心し、二人は結ばれ、長くこの地域を守った

画像


はい、めでたしめでたし・・・・


写真の虹は

この日の

江ノ島の空です

突然の虹の出現に

驚きました


江ノ島には

いたるところに

可愛い猫がいます

私も見つけました
画像







いつも訪問ありがとうございます。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年06月01日 23:03
こんばんは。
凄い虹ですね。普通は雨で出ますがこれは違うようです。
momijiさんは超ラッキーだったと思いますよ。
岩屋と不思議な虹、手を合わせてしまいそうです。

2011年06月02日 06:12
その昔 
悪い龍が
おりまして
天女に惚れ
生まれ変われり
2011年06月02日 08:57
おはようございます。
ほんと幻想的な空間ですね。
腕の見せ所ですね!!
素晴らしいです
それにしても江ノ島にこんな素敵な場所があったのですね。
小さい頃、江ノ島では良く遊びましたが随分と変わってしまったのでしょうね。
また遊びに行ってみたいです!!
2011年06月02日 09:49
虹がすてきです。
江ノ島へは随分行っていません。
また行って見たいです。
ネコは住み着いたんでしょうか?
2011年06月02日 12:00
幻想的。
江の島、行ったことないんです。
だからサザンの曲の中のイメージです。笑
ここはまた違った空気ですね。

虹。
これまたすごいタイミング。
何かいい事あるかな♪

猫ちゃんの様子が江の島の穏やかな生活を物語っているようですね。
2011年06月02日 12:07
2重の鮮やかな虹が素晴らしいですねえ!神話のお話、面白いです^^伝説のある場所で特殊な自然現象☆素敵な一日ですねえ^^
2011年06月02日 14:57
何度も江ノ島に行っているのに、全然岩屋へ入ったことがないわたしです。(^_^;)
なるほど・・中はこうなっているんですね。
momijiさんの写真で興味がわきました。
今度行ったときには見学してこようと思います。

虹はすごい!!
ふたつの虹!見事ですね~(^O^)
aky
2011年06月02日 15:30
江ノ島に岩屋というものがあること自体知りませんでした。
波の侵食でできたなんて、不思議ですね。

超自然現象のような虹。
どうして出来たのでしょうか。
これまた不思議。

ありがとうございます。
2011年06月02日 15:57
江ノ島行ったことあるのに…
岩屋へは行ったことがありません(残念)
幻想的ですね~
虹も素敵☆
ネコちゃんも可愛いですね。
ほのぼのとした風景が流れているようです。
いいお写真をありがとうです。
tamiさんへ
2011年06月02日 19:47
さすがですね、tamiさんは天体に詳しいから、すぐに分かりましたか?
日暈(ひがさ)と言う現象だそうです。
新聞に出ていました。
ただ、太陽の回りの丸い形を写真に撮るのが難しかったです。

コメントありがとうございます。
暢雲さんへ
2011年06月02日 19:53
どんなに悪い龍でも、愛には勝てない。
愛とはなんて素晴らしいのでしょう!

コメントありがとうございます。
2011年06月02日 20:13
江ノ島には素敵な伝説があるのですね。
私、とても好きなんです。
海に伝わる龍神や天女のお話。
そして、神秘的なお話にぴったしの美しい虹。
龍神の上にのった天女が今にも現れてきそう・・
ふれることができて、とても羨ましいです。。
momijiさん、今日も素敵なひと時をありがとうございます^^*
しげっちさんへ
2011年06月02日 20:28
しげっちさんが遊びに行ってた時と、江ノ島はあまり変わっていないかもしれません。
ただ、イベントが増えたかな?
8月には江ノ島灯籠があります。幻想的な光景が見られます。

コメントありがとうございます。
えみりんさんへ
2011年06月02日 20:47
江ノ島にはたくさんの猫がいるようです。
住み着いたのかどうか、知りませんが、皆元気そうでのんびりとしています。
江ノ島で保護しているのでしょうか?座布団が用意されているところがあって、そこで座って居眠りしたりしています。(*^_^*)

コメントありがとうございます。
なおさんへ
2011年06月02日 21:02
機会がありましたら、江の島にも来て見てください。
いつも観光客がたくさんいますが、見学する所もたくさんあります。
虹は歩いていたら突然見えて驚きました。

コメントありがとうございます。
ありんこさんへ
2011年06月02日 21:26
そうですね、この日は何となく不思議な体験をしたような・・・
江ノ島は不思議な島であることは間違いないですね。
海も綺麗です、

コメントありがとうございます。
ヒマおじさん
2011年06月02日 21:30
こんばんは、江ノ島の岩屋にはこのようなものが有るんですね
島にはよく行くのですが、岩屋までは行きつきません。
この日は。太陽の周りに二重のリングが出ていましたね
私は、大船のフラワーセンターで撮影していました。
勿論リングを写しました、周囲の人は何か不吉なことでもと、会話が聞こえました。
彩さんへ
2011年06月02日 21:33
以前、彩さんのブログに岩屋の事が書かれていました。
その時に私も行きたくなりました。彩さんは岩屋の中には入らなかったのですね。
私は写真を撮りたくて入りましたが、ロウソクの灯りなので、中々上手くは撮れませんでした。ブレてしまいます。
虹は私も驚きました。この現象は珍しいようです。

コメントありがとうございます。
aky さんへ
2011年06月02日 21:38
江ノ島の岩屋は、船でもいけますが、歩いて行ったので結構石段を登ったり下ったりしました。
虹は珍しい現象のようです。日暈(ひがさ)と言うらしいです。

コメントありがとうございます。
さあやさんへ
2011年06月02日 22:07
江ノ島へは、何度も行っていますが岩屋まではなかなか行きません。
船でもいけますが、今回は歩いて行ったので、階段の上り下りが結構大変でした。
猫ちゃんは、所々に居てのんびりとしています。

コメントありがとうございます。
メイさんへ
2011年06月02日 22:16
詩をお書きになるメイさんは、きっと想像力も大きいでしょうね。
江ノ島の天女と五頭竜伝説は、どこかで聞いたことがあるようなお話ですが、
ハッピーエンドが嬉しいですね。
虹を見た時は、とても驚きました。
もっと、上手く撮れたら良かったですが・・・

コメントありがとうございます。
ヒマおじさんへ
2011年06月02日 22:23
この日の虹は、日暈(ひがさ)というらしいです。
新聞にも載りましたね。
ヒマおじさんは大船フラワーセンターへ行っていたのですか?
リングを上手く撮れましたか?私は下手で、まるいリングが撮れませんでした。
江ノ島の岩屋までは、私も初めて行きました。

コメントありがとうございます。
2011年06月02日 22:35
なんとも幻想的ですね。
空の虹がさらに幻想的な
感じです。
(ナイスシャッターですね)
でも、最後に猫が出てきて、なんとなくホッとして
いつもの世界に戻ったようです。
ちょっと昔話を聞いたような感じがしました。
懐かしく感じました。
2011年06月02日 22:51
幾重にも重なった雲に七色の光が幻想的でステキです。
それにしてもなんと気を感じる場所なんでしょうか。
ちょっと遠いけれどなんとか行く機会を作りたいです。
中々関東の方へ行くチャンスがないのでs先の先になりそうですが、いつの日にか…と思いました。
ゆうさんへ
2011年06月02日 22:58
こんばんわ
この時の虹は、私も驚きました。
皆が空を見ているので、私も見上げらた虹が輪になって・・・
これは日暈と言うのだそうです。

コメントありがとうございます。
おーちゃんさんへ
2011年06月02日 23:03
いつの日か、江の島へ来て下さい。
江ノ島の夕日もとても綺麗です。シラス丼も美味しいです。たこせんべいはいつも並んでいます。
江ノ島の光景はやはり魅力的です。
一度は来て見てくださいね。

コメントありがとうございます。
kenta
2011年06月02日 23:17
今回は被写体がお花ではなく岩が主体みたいですね。(最後の天空の虹も素敵ですね)観光地はこれはこれで素敵です。江ノ島・・・一度は訪れたい場所です(横浜に住んだことがあったのですが、何所も観光しませんでした)明日、神奈川を通り過ぎて南の方へ長期間出掛けてしまいます。ますます、横浜の名所観光は出来ません。素敵な横浜をブログ写真で観光させてください。突然、訪問して申し訳ありませんが、また、訪問させて貰います。
kentaさんへ
2011年06月03日 08:11
訪問ありがとうございます。
横浜は逃げませんから、又横浜に来た時にでも、江の島へ行って見てください。
のんびりと海を見るだけでもきっと癒されます。

コメントありがとうございます。
2011年06月03日 13:05
素敵な伝説・・・☆
私の知らない江ノ島が、またひとつ^^
一度しか通ったことがないけれど
やっぱり好きです。江ノ島。
KENママさんへ
2011年06月03日 19:23
私は何度も江ノ島に行っているのに、岩屋も初めて伝説も初めて知ったのです。
まだまだ知らない事ばかりです。
いつか機会があったら、江の島へ来て見てください。
そして、momijiの事、ちょっとだけ思い出してね。(*^_^*)

コメントありがとうございます。
2011年06月03日 20:16
 こんばんは! 
龍と天女の恋物語 ロマンチックでしたぁ 
生まれも育ちも神奈川で小さい時から湘南の海で泳ぎましたし遊びました。
大人になってからは 海岸線をドライブするくらいですねぇ 
江の島の裏には洞窟があるのは知っていましたが 行った事がなかったんですよ。 
今度 行くことがあったら是非行ってみたいと思います。 

 虹! 見ようと思って見れるものではないですよ 
GoodTimingでしたね  
また 輪になった虹は珍しいですね  とっても幻想的! 
良かったですねぇ~  ゚+。(σ゚∀゚σ)⌒Nice♪  
 
2011年06月03日 20:40
この虹はやっぱり珍しい現象だったのですね。
偶然とは思えないですよ。
龍がこの虹を見せてくれたのでしょうか。
みなみ風さんへ
2011年06月03日 20:51
みなみ風さんでも行った事が無かったのですか?
私は初めてですが、もうとっくに行ってると思いました。
もし、江の島に行くことがあったら、是非一度行ってみてね。
今は、カメラを持って入れるけど、そのうちに写真撮影はダメ、なんて言われそうです。
ロウソクを持って入ります。ただの洞窟ですけど・・・(*^_^*)
虹は本当にラッキーでした。

コメントありがとうございます。
黎明さんへ
2011年06月03日 21:02
そうかもしれませんね。
龍が虹を見せてくれたのでしょうか?
天女のように魅力的な虹でした。
伝説は今も江の島に息づいているのかな。。。(*^_^*)

黎明さんのブログは、ドイツの生活が分かって楽しいです。
いつもコメントありがとうございます。
2011年06月03日 21:22
すごい幻想的なシーンですね。
この虹、天女、龍すべてがこのシーンを盛り上げてくれていますね。
江ノ島は、以前戸塚に住んでいたときに、車で出かけていました。
あの海岸線を車で走るのが大好きでした。なつかしいです。
このようなところがあるとは全然知りませんでした。水に沈んでいる石の写真がおもしろくていいですね。
2011年06月03日 23:11
こんばんは。
虹の写真、驚きました!!こう言ったものは初めて見ました。
江の島は、家族や親戚と子供の頃からよく行った懐かしい場所なんですが、この岩屋は子供の頃の私には、怖くて近寄りたくないような気がしていました。
何度かは入ったことがあるのでしょうが、全く覚えていません(><)
中はこんな風になっていたのですね~。
幻想的で、まるで異空間へ迷い込んでしまったような錯覚になりそうですね。
虹がやっぱりとても気になります!
masawagonさんへ
2011年06月04日 07:02
戸塚に住んでいらした事があるのですね。(*^_^*)
江ノ島の海岸線は、本当に気持ちが良いですよね。
私も写真を撮るようになってから、好奇心が変わったような気がします。
水に沈んでいる石は、「雰囲気を出すため・・」って書かれていたような気がしますが、撮り方を工夫すればもっと幻想的な光景が撮れたかもしれません。

コメントありがとうございます。
桜子さんへ
2011年06月04日 07:24
おはようございます。
この日の虹は、私もビックリしました。
太陽の周りに円を描くように出ていました。それを撮りたかったのですが、上手くいきませんでした。
岩屋はロウソクを持って入ります。
中は水滴がポツリポツリと落ちています。
石仏が隅に静かに座っています。
ちょっと、怖い・・・
でも、異空間かな・・・(*^_^*)

コメントありがとうございます。
2011年06月04日 17:57
江ノ島の岩屋もいいですよね。
私のイメージは渋くてやや暗い所。そして厳かな感じ。
でも、momijiさんの記事になると明るく詩的な雰囲気を感じますね。
ロマンチックなところでもあるんですね。
江ノ島の空に虹とはまた素晴らしい。
なんとなく伝説のよう
ミクミティさんへ
2011年06月04日 20:14
岩屋の写真は、ミクミティさんのイメージのように、渋く暗く、そして厳かに
表わさなければなりません。そういう所ですものね。
私はそこが下手なのです。何でも明るくなってしまう・・・(*^_^*)
ロマンチックは大好きだからでしょうか?
虹はラッキーでした。

コメントありがとうございます。
2011年06月04日 21:11
さまざまな波がおりなした…岩屋…。
神秘的…幻想的で神聖な空間に…ろうそくんの灯りと
青い光に照らされた…石の表情には時空を感じます。
江の島をこよなく愛した…与謝野晶子氏の歌碑…。
改心した竜と天女の伝説…惹かれます。。

日暈…その下の雲が虹色に輝く…彩雲…。。
仏画にも描かれる様に…吉兆のおしるしとか…。。
心優しきmomijiさんにも…しあわせが降り注ぎます様に。。
『龍恋の鐘』…しあわせの鐘の音を有難うございました。
サラさんへ
2011年06月04日 22:39
サラさんは、良くご存知ですね。
この岩屋にある碑は、与謝野晶子氏の歌碑です。
日暈は、皆が空を見ていて、カメラを向けていました。
私も急いで撮りましたが、納得に行く写真ではありません。
サラさんへ、幸せの鐘の音が届いてくれて嬉しいです。

コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック